インタビュー

- INTERVIEW -

ともに働く仲間がいきいきと働ける職場を支える一員に。
[株式会社第一開明 吉田 朋也さん]

盛岡の高校を卒業後、地元のために貢献したいと思った吉田さんは6年間事務の経験を積んだ後、現在の会社に入社しました。高校では弓道部に所属し、誰もが一度も弓を引いたことのない未経験者でしたが、先輩に教えてもらい仲間と助け合いながら楽しく活動する大切さを学びました。この経験を活かして働きやすい職場環境づくりを意識しています。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

私は主に、決算等の経理業務やパートナー会社さんの事業を承継する際の実務を担当しています。例えば販売仕入、容器管理システムの立ち上げや新店舗立ち上げの際に、現地で採用したオープニングスタッフの教育などをしています。また、働きやすい職場をつくるため第一開明は2年前から組織風土改革に取り組んでおり、自他尊重のコミュニケーションを目指すアサーションの定着を目指して日々活動しています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

第一開明の特徴として、「アサーション」に力を入れているのがあげられます。より良い人間関係を築くため、自分が何を伝えたかではなく相手にどのように伝わったかを大切にしています。自分も他人も尊重し、誠実・率直・歩み寄りなどを意識し実践するのがアサーティブコミュニケーションです。数年前よりはじめた取り組みですが、職場の雰囲気や信頼関係、モチベーションがアップしていると感じます。

 

Q.これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください。

働き方改革に取り組み働いている仲間の困りごとを解決した際、大変苦労しましたが「助かりました、ありがとうございました」という声をいただいて達成感と充実感があり、今後も助けになりたいと感じました。感謝されることは喜びと同時に次の仕事への原動力にもなるので、この仕事が印象に残っています。そして、自分も「ありがとう」といわれる以上に「ありがとう」を伝えていきたいと思った仕事です。

 

Q.これからの目標を教えてください。

これからの目標は「お客様にも働いている仲間にも支持される職場にしていきたい」です。そして、そんな第一開明に入社したいと思ってもらえるような職場の環境を目指していきます。事務仕事のため直接お客様と顔をあわせる機会は少ないのですが、仲間の支援や仕事の効率化を提案し、働きやすい職場を構築することで仲間がいきいきと働けるようにしていきたいです。また、縁の下の力持ちとして第一開明にいなくてはならない人材と言われるような社員になれるように努力していきたいです。

 

Q.盛岡のいいところを教えてください。

なんといっても程よい田舎感だと思います。都会に比べると交通の便がよくなかったり、商業施設も少ないかもしれませんが、ある程度必要なものはそろいますし、自然も多くとても過ごしやすい地域だと思います。食べ物もおいしく特に盛岡冷麺は毎日食べてもいいくらい好きなので某お店の冷麺まつり(半額)のときは必ずといっていいほど食べています。

 

インタビュアー:白石営業所  石垣 萌香

第一開明株式会社
〒020-8672 盛岡市流通センター北1-10-5
URL http://www.dkaimei.jp

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.