インタビュー

- INTERVIEW -

営業をサポートするため、スムーズで的確な仕事のスキルアップを目指す。
[株式会社第一開明 松田 里美さん]

短大卒業後、その後就職活動をしながら1年間ほどアルバイトをし、近所の方の紹介により、現在の会社に入社。営業サポートとして伝票処理と見積書作成を主とし、電話応対や商品の確認、接客など様々な仕事に取り組んでいます。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

営業サポートとして、お客様から見積もり依頼を受け、商品や数量、条件や期日を記載し提出します。注文の依頼が来たらすぐに商品の発注をし、入荷次第納品書を作成し、すぐに配達の手配をしております。そのための見積書や受領書などの書類の保管や商品の在庫管理もしております。電話応対や接客対応もしており多くの仕事を行っております。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

職場の雰囲気は明るく、社員同士で雑談を交えた会話をします。困っている人がいたら手を差し伸べますし、居心地が良いです。入社して、一般の企業とは違い特殊なものを取り扱っているため、工場や病院など様々な場所にガスやそれに携わる商品を販売しております。そのためガスや商品の説明をするため専門的な知識を必要とされ、社内での勉強会や他の知識を得るために外部研修をするなど多くのことを学ぶことができます。

 

Q.これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください。

高速道路の工事やダムの建設工事でのガスの注文依頼が長い期間ありました。そのときの一日の使用量が非常に多く、そのうえ午前・午後の納品であったため、伝票処理をしたときはとにかくインパクトがありました。納入日や納入時間の条件があり、通常業務に加えての仕事だったため、人員も足りなくなり、所長自らが配達に行くこともありました。一番忙しかったという点でもこのときのことは強く印象に残っております。

 

Q.これからの目標を教えてください。

営業サポートをしているので、営業さんたちの仕事を効率よくするために、できるだけ伝票処理や受注発注処理をスムーズにかつ正確にできるようにしていきたいです。そのために自分自身のスキルのレベルアップをするためにメーカーさんからの情報を多く取り入れ、商品を把握するためにカタログを見直し少しでも学習していくように日々心がけ、いずれは今よりも営業さんたちがスムーズに仕事ができたらなと思います。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

合わない、やりたい仕事に入れなかったときでもすぐにあきらめないで進んで行ってほしいです。「自分に合わないなぁ」「やりたかったなぁ」「向かないから辞めたいなぁ」ではどんどん仕事への気持ちが下がってしまいます。やるからには前向きな気持ちで「今日一日はこういうことを頑張っていきたい」「やっていくぞ」という前向きに考えて毎日を過ごしていけば、自分自身を向上でき、次第に周りからも認められるようになるのであきらめずにがんばってほしいです。

 

インタビュアー:北上営業所 佐藤 透海

第一開明株式会社
〒020-8672 盛岡市流通センター北1-10-5
URL http://www.dkaimei.jp

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.