インタビュー

- INTERVIEW -

地域密着の企業で、経験を糧に成長を実感。
[株式会社木津屋本店 浅水 幸恵さん]

高校卒業後は進学ではなく就職をしたいと考えていた浅水さん。就職に有利な資格を取得するため地元の盛岡の高校に入学し、卒業後の2007年に現在の会社に入社しました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

木津屋本店は「こういうものがほしい」といったお客様の要望をもとに商品を提案し、メーカーから仕入れた商品を販売店やその先のユーザーへ納品する卸売業をしています。その中で、メーカーに商品を発注し、入荷した商品に伝票を添付してお客様へ届けるまでの一連の作業を担当しています。また、様々なメーカーの商品を取り扱っているので倉庫での在庫管理もしています。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

学生の時は特にこだわりがなく、とにかく就職できれば良いと思っていました。求人票の中からいくつか興味のある企業を見つけ、その中に現在の会社も含まれていました。数ある企業の中から何を決め手に絞ったら良いのか分からず家族に相談したところ、両親だけでなく祖父母も知っていたのが木津屋本店でした。昔から地域に密着していて信頼されている企業なので、家族も安心してくれるのではないかと思ったのが入社しようと思ったきっかけです。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

学生から社会人になり、人と人とのコミュニケーションの大切さを学びました。学生生活の先輩は2歳上程度の比較的近い年齢でしたが、社会人になると先輩の枠が広がり、価値観も共通の話題も全く異なります。初めのうちはコミュニケーションの取り方が難しく、自身の学生気分がまだ抜けておらず、考えの甘さも多かったように思います。先輩方には当時の私に足りない部分や知らないことを沢山教えて頂き、経験を重ねて今では誰とでもコミュニケーションをとれるまでに成長した!と思いたいです。日ごろからコミュニケーションを大切にしていると、自身にプラスになることが多いなと日々感じています。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

面接や試験、たくさん練習をして緊張と闘いながら本番に臨まれると思います。ただ、練習通りにいかなかったからといって不安になることはありません。例えば、入室の際、ドアのノックを忘れたからと言って落とされる訳ではありません。大事なのは、自分の良さを短時間でアピールすることです。「部活を一生懸命に頑張った」「何事も最後まで諦めない」など自分では気づいていなくても良い所は絶対に持っているので、アピールポイントを必ず1つ用意して下さい。困った時は家族や友人、先生、先輩など周りの人に自分の良さを教えてもらいましょう。

 

Q.盛岡のいいところを教えてください。

都市部に比べると電車やバスの本数はあまり多くありません。しかし、出張帰りなどで気づきやすいのは、空気がとても美味しく、深呼吸すると清々しさを感じられることです。夏も暑いですが、アスファルトや建物から感じる熱気は都市部に比べると穏やかに感じます。また、肉や魚、果物、乳製品など美味しい物もたくさんあり、岩手のあちこちの良さをまとめて盛岡で楽しむことができます。住む、働く、遊ぶ、食べるが平均してちょうどいい!それが盛岡だと思います。

 

インタビュアー:商品部 吉田 有梨沙

————————————————-

株式会社木津屋本店
〒020-8561 盛岡市南大通2-3-20
URL http://www.kizya.co.jp/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.