インタビュー

- INTERVIEW -

多くの人の協力で工事を完成させた時の達成感がすごい!地域貢献も実感。
[株式会社水清建設 佐々木 圭佑さん]

高校ではラクビー部に所属し、全国大会に出場したこともある佐々木圭佑さん。高校卒業後は東京に就職したものの生まれ育った地に貢献したいと思い地元の建設会社に入社。一人前の監理技術者を目指して働いています。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

工事現場の現場代理人として、工事が工程通りに進むよう、多くの協力業者さんや作業員さんに指示を出し、無駄なく安全に品質良く作業できるように施工の管理をしています。日々の施工状況を記録した工事写真の整理や、作業の一部完成部分を測定した結果が発注者の求める規格内に収まっているかの出来高管理など書類作成、発注者との打ち合わせ、資機材の手配などをしています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

建設業は思った以上に体力やチームワークなどさまざまな事が必要となる仕事だと感じています。多くの人が協力して1つの大きな工事を完成させた時の達成感が凄いです。しかも自分が手掛けた道路や河川の工事が、地域の安全や便利さにつながっていて「地元に貢献できているんだ!」という手ごたえを感じることができる仕事だと実感しています。まだ分からないことがたくさんあるので、先輩たちから教えてもらいながら取り組んでいます。

 

Q.これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください。

入社したばかりの時はなにも分からないままで先輩たちと現場に出ていましたが、毎日少しずつ変わっていく現場を見ていて楽しいですし、完成した現場を見て自分もこの工事に携わったんだなという達成感がとても気持ちいいです。新人のころ自分の判断ミスで失敗をした時に先輩からとても厳しく指導されたことが印象に残っています。その指導があったからこそ今があると思っています。

 

Q.これからの目標を教えてください。

少しでも先輩たちのように1人前の現場監督になれるように一日一日の時間を大切にしながら現場や先輩たちから学びいろんなことに挑戦していきたいと思っています。まずは国家資格である一級土木施工管理技士を取得して、大きな現場を任せてもらい、みんなに認められるような技術者になりたいです。

 

Q.盛岡のいいところを教えてください。

盛岡は適度に都会で自然も豊かでとてもいい環境だと思っています。テーマパークなどの大きな娯楽施設はありませんが、必要なものは揃っておりとても暮らしやすいと思います。夏のさんさ踊りは参加者も沿道の大人も子供も一緒になって踊りだす、そんな温かい盛岡らしさと感じる祭りなども楽しめていいところだと思います。

 

インタビュアー:土木部 藤林 空来

————————————————-

株式会社水清建設
〒028-3603 紫波郡矢巾町西徳田5-201-2
URL https://mizusei.com/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.