インタビュー

- INTERVIEW -

在宅訪問で服薬支援。患者様から信頼されるやりがい。
[有限会社スタイル薬局 横澤 由紀さん]

盛岡の高校を卒業後、北海道にある大学の薬学部へ進学した横澤さん。大学卒業後は地元岩手の病院へ就職し、2年半程勤務。その後、知り合いを介して現在勤めるスタイル薬局への誘いを受け、一度は断ったものの縁あって入社することとなりました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

薬剤師として処方せんに基づく調剤や、患者さんへの服薬指導、患者さんの自宅を訪問して薬の管理や服薬の支援などを行なっています。また、管理薬剤師という役職も担っており、薬局にある医薬品の在庫管理や品質管理、薬剤師や他の従業員の管理・指導なども行なっています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

入社当初は薬剤師の人数が3人と少なく、帰る時間も遅くなることが多く慣れるまで苦労しました。現在は業務も多様化し、業務の量も多くはなっていますが、人員の充実、組織力の向上によって以前より個々の負担は軽減されています。職場内の人間関係も良好でとても働きやすい環境です。また、自分が興味を持った所などは勉強する機会が与えてもらえ、ステップアップもしやすい環境だと思います。

 

Q.これまでで仕事で印象に残っていることを教えてください。

在宅訪問の仕事は特に印象に残っているものが多いですが、その中でも元々スタイル薬局を利用されていた患者さんで、歩いて病院や薬局に通うのが難しくなったため在宅訪問をさせて頂くことになった方がいました。何度かその方の訪問を繰り返す中で、「死ぬまでやめないでね」という言葉を頂き、人の役に立っている、誰かに必要とされているという実感が湧き、やりがいを感じました。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

働く上で一番大事なのは人間関係だと思います。そのため就職先を探す際には直接職場へ足を運び人間関係をみるようにすると良いと思います。この人たちとなら仕事を続けたいと思えることが大事です。また、自分にとってステップアップになる場所かどうかも大切です。社会人として必要な資質としては、自分からやることを探す姿勢、将来の具体的なビジョンが見えている、周りが見える、レスポンスが良いことなどが必要だと思います。

 

Q.盛岡のいいところを教えてください。

盛岡の良い所は「丁度いいところ」だと思います。都会過ぎず、田舎過ぎない。そのバランスが丁度よくとても過ごしやすいと思います。そして、何より人が良いです。相手を思いやる気持ちが根付いていると思います。

 

インタビュアー:吉田 皓

————————————————-

有限会社スタイル薬局
〒020-0133 盛岡市青山3-6-2
URL https://www.e-classa.net/style/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.