インタビュー

- INTERVIEW -

創業120周年に向けてさらに邁進
[川口印刷工業株式会社 晴山 周さん]

小さい頃からパソコンに興味があり、情報処理系専門学校を卒業。卒業後に入社した会社を退職し、情報処理系の専門学校教員をしていました。新しいことをはじめたいと思い、興味があったDTPソフトを使った仕事ができる業界への就職を考えました。そこで、当時デジタル化への移行が他社よりも進んでいた現在の会社に縁があって入社しました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

お客様のところへ伺い受注活動・見積計算などの営業活動を中心に、印刷物の制作における提案・打ち合わせに携わっています。また、社内・外部スタッフとの仕事調整、データチェックや原稿整理など幅広く行っています。「お客様が何を求めているか」と「どうすれば満足してもらえるか」を心がけて仕事をしています。このほかに、仕事で関わるお客様、さらにはスタッフといかに「いい雰囲気」で進めていけるか考えています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

デジタル化が進んでいるだけではなく、企画、編集、デザインといったクリエイティブな面で他社より優れていると感じています。また社員一人一人も、仕事に対して真摯に向き合っており、一丸となって制作に取り組むクリエイター集団という印象が強いです。完成までみんなでブラッシュアップしていき、営業もお客様の意向をよく聞いて、チームワークを活かしながらモノづくりをしていると思います。

 

Q.これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください。

DTPの現場から営業部へ異動してまもない頃、ある市町村役場で作成する観光パンフレットの企画デザインをコンペで勝ち取ったことです。慣れない中で不安はありましたが、上司や制作スタッフにフォローしてもらい、提案が採用され無事に製品化して納めることができました。担当を外れ約10年後に転勤から戻った時、手がけたパンフレットが今でもマイナーチェンジで使われていることを知り、「いいモノづくり」の大切さを実感しました。

 

Q.これからの目標を教えてください。

当社はもう少しで創業120年を迎えます。今まで積み重ねたモノづくりの経験に加え、更なる蓄積と新しい知識で120周年を迎えたいと思っています。最近は新しいことをすることが億劫になりやすいと感じる時があります。しかし、会社の記念すべき日に向けて、今の何倍にも成長した自分を見るのが目標です。そのため、知識が停滞しないように、前向きにいろいろなことを吸収していきたいです。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

学生時代は、就職準備のために目指す職業に向けた勉強、資格取得を目指して毎日忙しいと思います。しかし、学生時代にはその時にしか経験できないことがたくさんあります。できるだけ、新しいことや興味のあることへ積極的にチャレンジをしてほしいです。例えば、アルバイトといった経験は後々、自分の進路を考えるときに役に立ちます。自分の適性は学生時代の経験があるほど、よく見えてくると感じています。

 

インタビュアー:川口印刷工業株式会社  工藤 菜々子

————————————————-

川口印刷工業株式会社
〒020-0841 盛岡市羽場10-1-2
URL https://kpj.co.jp/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.