インタビュー

- INTERVIEW -

医療機関の仕事について
[株式会社三櫻 菅原 大暉さん]

高校、大学共に地元の岩手で過ごし、 「地元で人の助けになる仕事をしたい」と思い、医療機器等を販売する現在の会社に入社した菅原さん。循環器の分野で活躍できるように、日々勉強し現場で活かせるように努力しながら資格取得を目指して働いています。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

病院では主に納品や現場、事務からの依頼対応をしています。ほかにもペースメーカーという患者さんの体内に植え込む機器の手術準備や、術後の患者さんの経過観察の手伝いをしています。私自身が手術をするわけではないですが、自身が携わった商品が患者さんの助けになっていると感じられることがやりがいです。そのため、迅速で万全の準備をすることで、万が一にも対応できるように心がけています。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

医療関係の仕事に憧れがありました。人は病気や怪我をする生き物です。その病気や怪我でつらい思いをしている人の手助けになりたいと思ったからです。そのために医療器械、医療品を詳しく学びどのようなときに使える商品なのかなどを身につけたいと思いました。医療の知恵を身につけていれば身近な人の健康などもサポートできますし、自分自身も気を付けようと思えるようになりました。医療の繋がりはとても広いのでまだまだ知らないことがありますが、徐々に身につけていきたいと思っています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

最初はとても緊張していましたが上司、社員みんなとても優しい方ばかりです。先輩社員の仕事姿を拝見したとき、医療機関の方たちが笑顔になって話している姿をみてとても良い仕事だと感じました。私は配送、営業の担当になりました。希望通りの職に就くことが出来ました。大切な商品を運んでいるのでとても責任感のある仕事です。医療機関へ商品を届け、医療機関の方たちとコミュニケーションをとり、「ありがとう」といわれるとやりがいがあります。上司や社員が優しくフォローしてくれるのでスムーズに仕事を覚えることが出来ました。まだまだ勉強して覚えなきゃならないことがたくさんありますが、上司、社員にしっかりついていき頑張っていきます。

 

Q.これからの目標を教えてください。

上司、社員とコミュニケーションを積極的にとり、もっと仲を深めたいです。会社内だけでなく医療機関の方たちとも信頼を築けるコミュニケーションをとっていきたいです。働きやすい環境を作り、仕事をスムーズにこなせる誰にでも頼られるような人間になることが目標です。仕事のなかで活かせる資格も取得できればと考えています。仕事だけでなくプライベートでは、やったことのないスポーツに挑戦し、新しい趣味を見つけたいと思っています。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

就職する学生さんへ。仕事をするときに自分はどんな仕事だったら楽しく働けるだろう。どんな仕事だったら好きになれるだろう。とイメージしてみてください。そうやって見つけた仕事だったら前向きに進んでいけると思います。イメージするのが難しい方は、自分にあった条件や新しいことにチャレンジするのもいいのでは。最初は不安で緊張すると思いますが、自分のペースで踏み出してみてください。仕事をするというのは勉強をして覚えることもたくさんありますが、社会人も楽しいことがたくさんありますよ~。

 

インタビュアー:佐藤 香菜

————————————————-

株式会社三櫻
〒020-0016 盛岡市名須川町24-1
URL http://www.san-ou.co.jp/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.