インタビュー

- INTERVIEW -

社内の懸け橋に
[白石食品工業株式会社 大久保 勲さん]

大久保課長は1993年入社で、今年で27年目。入社後は25年間営業で長く勤務されていました。2年前に部署新設と同時に企画管理部に配属となりました。営業時代は宮古、盛岡、大館、弘前と多くの営業所で経験を積まれていました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

企画管理部は、ホールセール事業部全体の仕事をする部署です。営業部や商品企画部、また実際に工場でパンを作っている生産部など、様々な部署の懸け橋をしています。また社内だけでなく、白石食品が関わっている企業との連絡なども行い、社内と社外をつなぐ懸け橋も担っています。具体的な仕事内容には、売上管理や生産の原価管理などがあります。売上データなどをまとめ、社内の人達に役立つような資料の作成をしています。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

現在は配送担当の人がいますが、入社当時は営業が配送も行っていました。そのため、私もトラックを運転し、スーパーなどにパンを配達していました。その時に、自分が配達したパンを購入しているお客さまを見て嬉しくなりました。また、色々なパンメーカーがある中でシライシパンを選んでくださったり、シライシパンが好きと言ってくださるお店が多いのも嬉しいなあと感じています。入社してから楽しいと気づくことも多くありました。

 

Q.これまでで仕事で印象に残っていることを教えてください。

印象に残っていることは、東日本大震災のことです。停電で工場は止まり、パンが作れない状況になりました。そんな状況の中、みんなで協力し、なんとか工場を稼働させました。なんでもいいから持って来てほしいという声が被災地やお店などからありました。高速道路は通行止めでしたが、通行許可証を貰い、被災地やお店に配達に行きました。この時にあらためて食は生活に欠かせないものということ、食品会社の強みというものを感じました。

 

Q.これからの目標を教えてください。

より多くの東北の人達においしいパンを届けることが目標です。東北の会社なので、東北に根ざした商品を供給していきたいと考えています。そして、その先の大きい目標としては東北以外の人にもシライシのパンを食べていただきたいというのがあります。企画管理部としての目標は、会社の方向性を決める部署なので、舵取りをしっかりとしていきたいです。まだ立ち上がって2年目の部署ですが、頑張っていきたいです。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

まず、シライシパンは地域に根ざした良い会社です。「日々の暮らしをおいしく、たのしく」をミッションとして掲げ、食品を通じて東北のみなさまにより良い暮らしの提案をしていこうと活動しています。そこで、東北の食材を使った商品や小麦も東北産のもの使った商品などを開発しております。東北に貢献したいなどの思いがある方は大歓迎です。面接は緊張する人も多いと思います。しかし、面接で全てが分かるわけではないので、リラックスしてありのままを話してほしいです。

 

インタビュアー:上林 樹里

————————————————-

白石食品工業株式会社
〒020-0495 盛岡市黒川23-70-1
URL https://www.siraisi.co.jp

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.