インタビュー

- INTERVIEW -

自分で造ったビールでお客様に喜んでもらいたい!お客様との距離の近さもやりがい。
[株式会社ベアレン醸造所 砂子澤 和也さん]

盛岡の高校を卒業後、盛岡で就職活動を行った砂子澤さん。最初は家具の製造会社に勤めましたが、転職することを決心し、ハローワークなどで求人を探すこととなりました。その中で偶然知ったベアレン醸造所に心惹かれ、入社し、現在ビール造りのプロフェッショナルを目指して働いています。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

ビールを製造する部署で、製造されたビールを飲食店やイベント用で使用する容器(樽)に詰め込む樽詰め、製造されたビールを瓶に詰める瓶詰め、ビールの製造過程でビールを貯蔵するタンクから別のタンクへと移し替える移動作業、飲食店やイベント等で使用され、返却された樽の洗浄といった仕事をしています。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

前職である家具製造の職を辞してから、ハローワークで求人を探していた際、偶然見つけたのが、ベアレン醸造所でした。その時期、ニュースなどでも取り上げられていたこともあり、興味を持つようになったことも入社のきっかけでした。職を探す際の軸も前職と同様、モノづくりに携わることを今後も続けたいと意識していました。自分が造ったものでお客様に喜んでもらいたいという意志の元、現在の会社へと入社しました。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

家具製造とは異なるビール製造としての正確さや丁寧さが求められます。そのうえ、重いものを取り扱う機会も多く、力仕事の側面もあります。お世辞にも楽な仕事とは言えませんが、職場のメンバーはフレンドリーで、この職場の雰囲気が気に入っています。また、お客様との距離も近く、様々な意見や感謝をいただけることはビールを製造する一員としては素直に嬉しく、やりがいも感じています。

 

Q.これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください。

入社してからの主な仕事内容は、麦芽の粉砕、カス出し、樽の洗浄などどれも大切な仕事ではあるものの、1年目は原料を取り扱った仕事が多かったです。ここ最近はビールの瓶詰めなどの商品製造の仕事も担当するようになり、自分もビールを造る一員になりつつあるという実感を得たことです。また、製造部に所属していて、お客様との関わる機会が少なかったこともあり、イベントスタッフとして参加した際は新鮮に感じたことも印象に残っています。

 

Q.これからの目標を教えてください。

縁あって、このベアレン醸造所に入社したからには、ビールについて一から学んでいきたいと思っています。そのためにビールの知識を高めていきつつも、お客様との関わりを今後も積極的にしていきたいとも考えています。さらに言えば、新しい仕事も任せられるようになってきているので、早く覚えて、数をこなして、先輩方のように効率よく仕事をできるようになることが目標です。

 

インタビュアー:製造チーム 高橋 健人

————————————————-

株式会社ベアレン醸造所
〒020-0061 盛岡市北山1-3-31
URL https://www.baerenbier.co.jp/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.