インタビュー

- INTERVIEW -

自分の力を生かすとき、一人前の営業マンを目指して。
[株式会社南部医理科 熊谷 孝司さん]

盛岡の専門高校を卒業した熊谷さん。将来は、生まれ育った盛岡の地で働きたいという思いがあり、工業化学の専門知識を生かすことができる医療、製薬業界で働きたいと考えていました。会社説明会を通して医療機器メンテナンスにも携われるということが決め手で現在の医療機器ディーラーの営業マンの道へと進みました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

医療機器ディーラーとして、県内病院の臨床検査部門のうち北は西和賀、南は陸前高田市のエリアを担当しています。仕事内容は、お客さまよりご注文を受けた商品(検査試薬、材料)の納品業務や、検査試薬、材料、機器の紹介を行う営業業務、検査機器のメンテナンス、故障時のトラブルフォローがあります。総じて、病院の臨床検査室で取り扱う全ての物品について、お客さまにより安心して使っていただくため販売からトラブルフォローまでを行っています。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

大学時代の居酒屋のアルバイトを通じて人と話をする楽しさを学び、将来は営業をやってみたいと考えるようになりました。そして、会社と出会ったのが合同企業説明会でした。当時は、お客さまとの信頼関係を自分の裁量で築くことができる点に魅力を感じており、心の中で医療機器ディーラーは、 率直に「ワクワクする仕事だな」と思い、医療機器ディーラーに入社しました。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

入社して間もなくは、県内エリアの各担当の先輩方に同行しました。先輩社員は20代から50代までと世代が離れる中、どの先輩方も話をしやすく、おもしろいなと思う人が多いように思います。実際に先輩方の営業を目の前で見て、お客さまにそれぞれにあった接し方、営業の仕方も様々であり、将来、自分も先輩方のように営業するのだ、という不安と期待があったのが率直な感想です。

 

Q.これからの目標を教えてください。

早く一人前の営業をできるようになることです。現在、上司に同行して営業のサポートをしているので、これから、お客さまに商品を紹介する機会も多くなり、営業の仕事の幅が広くなります。そのときに、営業をする上で商品の特徴はもちろんですが、お客さまが商品に対しどの部分に注目しているのか?、不安な点は?とお客さまにとって商品を分かりやすく説明していきたいと思います。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

私は就職活動で大切な初めのステップは「自分自身を知ること」と思います。これまでの生活では、真正面から自分と向き合うことは少ないため、自分の長所は? やりたいことは? という質問に直面し思い悩むと思います。そんな時は周りの人と話をしてみましょう。自分が気づいていない自分を発見できるかもしれません。コロナ禍ということもあり例年とは異なる状況で戸惑う部分もあるかと思いますが人生で初めての就職活動を是非楽しんでください。

 

インタビュアー:佐藤 翼

————————————————-

株式会社南部医理科
〒028-3601 紫波郡矢巾町高田10-78-1
URL http://www.nanbu-irika.com/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.