インタビュー

- INTERVIEW -

震災でインフラの重要性を実感。地域密着型の企業でお客さまからも信頼される社員へ。
[盛岡ガス株式会社 塩脇 順平さん]

北上市出身。北上の高校を卒業後岩手大学に進学し、岩手大学大学院を修了した塩脇さん。東日本大震災の経験によりインフラ業界に興味を持ち、就職活動では震災時にボランティア活動などを通して盛岡の人たちとの関わりが増えたことや人のために活動することの喜びを感じそんな仕事のできる盛岡ガスに入社しました。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

営業部お客さまサービス課に所属しお客さまの器具の点検や修理の手配、担当企業の宿舎の点検、安全装置の搭載されていない器具の買い替え促進などを行っています。お客さまが安全に安心してガス機器を使用していただけるように誠実な対応を心がけております。わからないことや今の自分には難しいと思うような場合がまだまだ多くありますが、先輩方の協力のもと様々な仕事を教えていただき一人前になれるように精進しています。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

東日本大震災を経験しインフラ業界の重要性を感じたことがこの業界で働きたいと考えたきっかけです。特に震災時は岩手大学の学生で、盛岡に住んでいたこともあり盛岡の地域の人々に貢献できる仕事をしたいと感じました。その中でも盛岡ガスは89年(1930年設立)という長い歴史があり、盛岡市とともに成長してきた会社です。地域密着企業であり、地域の人々を近くに感じながら働ける会社だと思い盛岡ガスで働きたいと思いました。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

職場の雰囲気は、わからないことや教えてほしいことがあるときに周りの先輩に聞きやすい環境だと思います。また、会社としてもジョブローテーションの採用や社会人としての基本的な講習会や研修会だけでなく専門的な講習も積極的に若手社員に経験させてくれる会社であり、若手の教育に力をいれ、少しでも早く一人前になれるように環境を整えてくれていると感じました。期待に応えられるように努力しようと思える職場だと思います。

 

Q.これからの目標を教えてください。

目標は、お客さまからも会社の人からも信頼して仕事を任せてもらえるようになることです。私は、2016年に入社し、今の部署に異動してから1年が経ちました。まだまだわからないことも多くあり勉強の毎日ですが一人前の社員として見てもらえるように努力を積み重ねていきたいです。また、後輩がどんどん増えてくる中で仕事を覚えるだけでなく後輩に指導できるように理解を深めたいです。そのほかにも、仕事の幅を広げるためにも資格の取得にも励みたいと思います。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

就職活動は時間や労力がかかってしまい大変かと思います。インターネットでの情報収集だけでなく説明会や先輩訪問など様々な方法で正しい情報を手に入れる努力をしてください。入社して思っていたのと違うと感じたり他にもいい会社があったなと思ってしまったりと仕事をしていく上でモチベーションも下がってしまうと思います。自分が納得できるまで調べ就職活動をやりきれるよう頑張ってください。困ったらジョブカフェなどの支援機関の人たちに協力してもらうのもいいと思いますよ。

 

インタビュアー:営業部 お客さまサービス課 髙橋 玲雄

————————————————-

盛岡ガス株式会社
〒020-0066 盛岡市上田2-19-56
URL https://www.morioka-gas.co.jp/

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.