インタビュー

- INTERVIEW -

2つの部署での経験を活かして!
[第一開明株式会社 諏訪 寿美子さん]

生まれも育ちも雫石町で、盛岡の高校を卒業後、すぐに第一開明に入社した諏訪さん。最初の配属先は盛岡営業所で、現在は本社業務部に勤務しています。高校時代の部活動の経験を活かして、今でも週3回、小学生を対象にバドミントンを教えています。今は盛岡冷麺にハマっています。

 

————————————————-

Q.どのような仕事をしていますか?

業務部に所属し、会社の金庫を管理する仕事が最初でした。営業の方が持ってきた集金を検収し、お客さまへの請求書を作成していました。高校時代は商業科だったので、その経験が活かされています。現在は、仕入先の漏れがないように支払処理を行っています。その他、車両リースや社有車、動産物(パソコン等)のリースの管理や各営業所のサポートが主な仕事です。

 

Q.現在の会社に入社したきっかけを教えてください。

高校を卒業したら、進学ではなく、すぐに就職しようと考えていました。当時は求人が出ている企業や職種などが、沢山あり、実家から通いやすく、且つ地域貢献ができる会社に勤めたいと思い探していたら、第一開明を見つけました。当時は会社見学などがなく、履歴書を送ってすぐに面接が行われました。また、当時は内定式もなく、入社式で同期の人と初顔合わせだったのですが、明るい職場と良い上司や先輩・同僚ばかりでしたので、直ぐに打ち解けられることができました。

 

Q.実際に入社して感じていることを教えてください。

入社して最初の印象は、学生時代と異なり大人だらけの環境だったため、何か質問することに対し恐怖心がありました。段々と職場に慣れていったのは、先輩社員に優しくしていただいたためであり、また周りの皆さんがフォローしてくれるので仕事を覚えようという意識が芽生えました。盛岡営業所へ配属され業務していた時はお客さまと直接やりとりするため、仕事の手応えがすぐにありました。現在所属している業務部では主に年度末の決算に向けての業務や全社をまとめる業務ですので、盛岡営業所の時とはまた違う達成感を感じています。

 

Q.これまでで仕事で印象に残っていることを教えてください。

商品のお問い合わせ対応の際に、ニーズに合わせて商品の説明をしていたら、機材一式をお客さまに購入していただくことができました。この経験により、より多くの商品知識を習得したいと感じ、様々な商品に興味をもつ意識が芽生えました。

 

Q.就活する学生へのアドバイスをお願いします。

学生のうちから、様々な行事へ参加して経験を積み、知識を身につけておくことが大切です。日常生活から物事に対する感受性を磨くと良いと思います。また得意なこと、不得意なことがあると思いますが、自分に歯止めをかけないでほしいです。学校を卒業して、社会人1年目はできないことが多いと思いますが、経験を重ねるうちに必ずできるようになることが増えるので、自信を持って何事にも挑戦してほしいです。

 

インタビュアー:佐々木 美波

————————————————-

第一開明株式会社
〒020-8672 盛岡市流通センター北1-10-5
URL http://www.dkaimei.jp

- SUPPORT -

キャリア・カウンセラーがあなたのUIJターンをサポートします

  • ジョブカフェいわて
    いわてU・Iターンサポートデスク

    〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階

    019-621-1171
    support@jobcafe-i.jp

    [開館時間]月曜〜土曜 10時〜18時 ※日曜・祝日・年末年始休み


    \東京をはじめ、U・Iターン就職を応援する県外窓口も充実!/

    U・Iターンの支援窓口一覧 〉
  • support

\CONTACT US!/
お問い合わせフォームへ

BOOK
  • 盛岡市
  • ジョブカフェいわて
  • いわてU・Iターンサポートデスク

Copyright © GO-MORIOKA.COM. All Rights Reserved.